強化樹脂のスーツケースと伝統

昨今は、アルミなどの軽量な金属製や、強化樹脂製のスーツケースが主流として、人々に親しまれていますが、その中でも、伝統的な革製のスーツケースは、根強く支持層を保っています。

鞄や財布などの小物類、装飾品類に関しても、ナイロン製や樹脂加工された製品の機能性が認知度を上げる中、依然として革のブリーフケースや、トートバッグ、革財布、革ソファーの存在には、スポットライトが当てられています。

数々の珠玉の高級品の品々として、世のセレブリティを虜にしてやまないレザー作品は、永久的に定番商品となるであろうと語るファッション評論家などもいるようです。

革製品には、高い機能性を誇る、強化樹脂製品などには、どうしても薄れてしまうハンドメイド的な温もりのあるアイテムとして、長い人類の歴史においても世の人々を惹きつけているのかもしれません。

革のスーツケースには、金属製や強化樹脂製品にはない、ラグジュアリーな特別感が存在しています。

バカンスの地のホテルの部屋に、運び込まれるレザー仕様のスーツケースは、室内に置かれているだけでもその質感やフォルムによって、旅先の充実度をアップさせてくれるハイパーアイテムでもあります。

トラベルバッグの中でも、1泊ほどの収納を想定してあつらえられたバッグを、オーバーナイトケースなどと呼ぶそうです。