一生もノのレザーたちと職人の目利き

イタリア製の革鞄がセレブリティの間で好まれる理由の1つとして、レザー使いのセレクトにあるとコメントするスタイリストさんのお話の中では、革財布や革バッグなどの革製品を選ぶ基準として、ブランド名ではなく、イタリア製であるのかどうかをまず、厳選するのだというようなお話がありました。イタリアの革職人たちのレザーへの目利きを信用しているからこそ、イタリア製のレザー製品を一押ししているのだそうです。レザー製品は、そのパーツによって、レザーの使い分けができる事が、職人たちに求められるポイントであり、皮の性質上、部位による性質や素材の向き不向きを見極める技術が、レザー職人の匠の技であるとも言われているのだそうです。もちろん、世界中には、大勢のレザー職人たちはいますが、お話を聞かせてくれたスタイリストさんの経験上、個人的な好みもありますが、イタリアのレザー製品の革のセレクトはピカイチであるとの事でした。革の原料皮は、動物の1体、1体の個体差もありますし、革をなめす工程や加工においても、革の品質や、性質には、大きな差異があります。レザー職人には、レザーの見極めが最も大切な技術の1つであると語るスタイリストさんのお話は、だいぶその内容は抜粋しておりますが、これまでに幾度となく、イタリア製のレザー製品に魅せられてきたようなのです。私自身も、一生モノだと思えるようなレザー製品に、是非とも巡り合いたいと思えるようなお話でありました。