自分に合う財布

革財布であっても別の素材であっても、大切なのは自分に合った財布を選ぶ事ではありますが、果たしてその中にお金の扱い方を改めていくという項目を無視してしまっては、せっかくの財布の寿命もそう長くないとも言えるでしょう。財布の使い方は「お金の使い方」とも言えますし、反対にお金の使い方が「財布の使い方」と言えるでしょう。財布を大切にしない人はお金の使い方も荒く、革財布などが美しく手入れされている人のお金の使い方はとてもスマートだったりします。このようなことから、今まで継続して使ってきたデザインから思い切って変えてみるというのも時には大切であると言えるでしょう。今まで二つ折りを愛用してきた人は、長財布を使うことで、小銭の扱い方が変わったり、長財布を使っていた人はケースバイケースで二つ折りを生活に取り入れてみるのも良いでしょう。そしてどっちにしても「小銭入れを別に持つ」という選択肢を増やしてみるのも良いでしょう。それぞれの財布を使ってみて、使い勝手や自身の意識の仕方などに沿って財布を選んでいけるのが望ましいかも知れません。このようにそれぞれのメリットや使い方を知り、使い分けることで、シーンによって財布を使い分ける事ができるでしょう。財布は何も一つでなくても構いませんし、これだという一つを大切に使い続けるのも素敵でしょう。繰り返しになりますが、大切なのは「自分に合う」という事です。 財布の出会いも大切ですが、財布との付き合い方にもっと目を向けてみると選択肢は無限に広がっていくのではないでしょうか。たくさんの財布を見て使って、より自分に合ったものや使い方を模索していくのも革財布の楽しさであり、大人なお金の扱い方への近道と言えるのかも知れません。